読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケトジェニックダイエット実践体験記。イタリア在住主婦がエステを語る。

イタリアで肥満になった私が、ジムとエステと食事制限で痩せるまでの様々な取り組みを綴った実況中継ブログです。特にケトジェニックダイエットについて詳細に考察および実践しています。目標は腹筋バキバキでビキニを着ること!

MENU

ケトジェニックダイエットに挑戦

ケトジェニックダイエットこと、アトキンスダイエットに挑戦

 

最近良く聞く糖質制限ダイエット、アトキンスダイエット、またの名をケトジェニックダイエット。

これは本当にごっそり脂肪が落ちるということで、ずっと前から試したかったものの、勇気がなくて先送りしていました。

 

低カロリーダイエットにも体がそろそろ慣れてきて痩せにくくなってきた頃。

いつかはケトジェニックダイエットかー、と思いつつ先送りしきた私。

 

それが、この度、はじめることに。

 

北島達也先生についていく

参考にさせてもらっているのが、ボディビルダーの北島達也先生。

先生はれっきとした日本人で、カリフォルニア州の日本人初ボディビルチャンピオン。

イタリアとも関係ないけど、それはいいこととして。

先生とはじめて知り合ったのは、筋トレのためのYoutubeです。

 

とても沢山の有益な情報を無料で公開されているので、暇さえあれば食い入るように筋トレに関するビデオを見入っています。

 

そんな北島先生が推奨するのが、ケトジェニックダイエット。

 

脂肪と肉しか食べないダイエットと聞いて、最初は吐き気さえもよおした私…。

どちらかというと野菜や果物が大好きなので、果物が食べられないダイエットは聞いただけでぎょっとしました。

 

ビタミン不足になりそう…

おなか空いた時にフルーツをおやつに食べていた私は、それが出来ないなら、一体どうしたらいいんだろう?

と疑問に思っていて、踏みきれませんでした。

 

その疑問が、今回先生のケトジェニックダイエット用ビデオを視聴し、晴れたので、踏み切ることにしました。

 

サプリメントで乗り切ってみる

ビタミン不足は先生が売っているVODEZAサプリメントですべて調達できます。

お腹がすいた時は、生クリームと卵をつかって、キャラメル味のケトジェニックプロテインでプリンを作っておいてそれを食べることにしました。

ご飯も食べられないので、カロリー不足になった時は糖質ゼロのMCTパウダー(中鎖脂肪酸100%)で補います。

幸い、レタスやほうれん草などの葉野菜を中心とした野菜は、食べてもいいので、ほっとしました。

 

2週間は完全に糖質制限しないと、ダイエット自体が始まらないということなので、

頑張って試してみます。

はじめてみれば意外と楽ということなので。

 

でも、サプリが届くまでサプリ無しではじめてみる

日本からサプリを送ってもらうので、届くまでにあと2週間位はかかりそう。

しかし、もうサプリを待たないで、サプリが届くまでサプリ無しではじめてみます。

 

食べられる食品と食べられない食品のリストを冷蔵庫に貼って。

 

最初の関門は3日後の糖質飢餓(アスパルテームを買っておこうっと)。

 

この糖質飢餓を抜けると、どっと3キロ位痩せるらしいです。

しかし、それは体内の炭水化物に含まれていた水分が抜けるということ。

 

ここから緩やかに脂肪が燃え始めということです。

(エネルギー供給にココナッツオイルを買っておこうっと)

 

アスパルテームで甘みを補って脳を満足させつつ、ココナッツオイルの中鎖脂肪酸でエネルギーを補えば、きっとよいはず。

 

タンパク質が不足しないよう、ささみと卵は常備。生クリームもOK。ほうれん草のバターソテーもOK。ベーコンもOK。

 

明日からの買い物内容は、これまでと全く違ったものになりそうです。