ケトジェニックダイエット実践体験記。イタリア在住主婦がエステを語る。

イタリアで肥満になった私が、ジムとエステと食事制限で痩せるまでの様々な取り組みを綴った実況中継ブログです。特にケトジェニックダイエットについて詳細に考察および実践しています。目標は腹筋バキバキでビキニを着ること!

お腹の脂肪、これで落ちないわけがない!大会前ボディビルダーのテクニック!

大会前ボディビルダーが実践する、不自然なほどバキバキに脂肪を落とすためのメニュー

  

肥満解消したから、そこまでやらなくてもいいんじゃないの、といわれますが、

私の目標は、ビキニ・ボディビル大会に出場すること。

 

ボディビルは年齢層の高いスポーツですから、

40過ぎても全く挑戦できます。

 

日本で最高齢の女性ビルダー(大会出場の競技者)は63歳ということですから、まだまだ挑戦できます。

 

海外では75歳の女性ビルダーも活躍中です。

 

それでは、そんなビルダーが大会前に体を絞り込むための食事メニューとは?

私は、お腹の脂肪をしっかり落とす目的で、大会を間近に目指している同僚(33歳女性ビルダー、イタリア人)の指導の元、やりはじめました。

 

ケトジェニックダイエット後の、スーパー脂肪落としダイエットのメニューとは!?

f:id:miyoshiimatani:20170119053905j:plain

 

朝食:卵白250g(卵7個分の卵白)とティースプーン一杯のピーナツバター

間食:鶏胸肉150gとBCAA5g

昼食:白身魚(ヒラメなど)250gと野菜

間食:鶏胸肉150グラムとBCAA5g

夕食:白身魚250gと野菜に5gのオイル

間食:ホエイプロテイン20グラムにティースプーン一杯のピーナツバター

 

水:一日4リットル

 

上記の一日6食を、毎日、4週間休みなく継続します。

 

水は、最初1日2リットル飲むのがやっとでしたが、4リットル飲めるようになります。

もう十分飲んだ、という状況から、さらにコップ一杯飲むようにすると、一日4リットル飲めるようになります。

水を飲まないと代謝が鈍って、脂肪がとれません。

 

一日6食なのは、少量を時間間隔を短くして食べることにより、空腹により起こる筋肉の分解(カタボリック)を防ぐからです。

 

大量のプロテインはボディビルダーには言うまでもなくマストアイテムですね。

 

ピーナツバターは、男性ホルモンを増やし、筋肉を付きやすくします。

ピーナツバターで重要なのは、トランス脂肪酸や糖分などが入ってない、純度100%のピーナツバターを選ぶことです(自然食品の店に売ってます)。

 

BCAAはアミノ酸のサプリメント。エネルギー代謝を高め、疲れにくい体にします。

引き締まったBODYと色っぽい大人の美しさを手に入れる!
【グラマラスリム・スタイルアップ】

 

この食生活に、筋トレと有酸素運動を加えます。

 

スーパーお腹の脂肪落としの運動とは!?

 

有酸素運動は、月、水、金の週三回、朝食前の空腹時に45分から1時間行います。

始める前にBCAA5g摂取します。

 

筋トレは、腹筋を火、木、土の週三回、これまた朝食前の空腹時に以下のサイクルで行います。

始める前にBCAAを5g摂取。

 

腹筋50回

縄跳び100回

腹筋50回

縄跳び100回

腹斜筋25回ずつ

縄跳び100回

ジャンプスクワットを20回

 

この後、朝食をとります。

 

このワークアウトの趣旨は、縄跳びで有酸素度を高め、その状態で腹筋を痛めつけます。

筋肉を鍛えると同時に、脂肪を燃やしていきます。

その直後、朝食で大量のプロテインとピーナツバターを供給。

そのようにすることにより、腹筋がメキメキと発達し、

腹筋が発達した腹部は、脂肪により内蔵を保護する必要がなくなりますので、

腹部の脂肪が落ちていく、という算段です。

 

糖質を制限しているので、エネルギー源として自分の脂肪を使うしかない状態に体を持っていきます。これはケトジェニックと同じですね。

 

注意しなくてはならないのは、

腹筋がないと、お腹の脂肪は絶対落ちません。

お腹には骨がないので、脂肪が内臓を守る機能を果たしているのです。

腹筋がないと、お腹の脂肪は、脳からの禁止命令により、落ちないようになっています。

 

更に全身の筋肉を鍛えるために週二回のジムでのワークアウト

上記は、朝食前に家でできる運動ですが、これに通常の、ジムでの全身のワークアウトを加えます。

ワークアウトの前には、BCAAを5g摂取します。

ワークアウトの後には、ホエイプロテインを20gと、マルチデキストリン・サプリメント30gを摂取します。

 

このマルチデキストリンは、私達がこの4週間のプログラムの中で、唯一がっつり摂取する糖質です。

 

これはワークアウト後の筋肉の発達を促します。

 

これだけやってもムキムキにならない日本人女性

これだけやっても、スマートになるだけですょ。

ムキムキになるんじゃない!?という心配はご無用です。

 

黒人男性ならムキムキになると思います。

 

でも、日本人女性なら、なりません。

 

もともとのホルモンバランスが違うので、日本人女性は、黒人男性に比べ、100倍も筋肉がつきにくいのです。

 

私もケトジェニックダイエットをしながら、週に2,3回ジム通いしていましたが、

これだけやっても、筋肉がつかないどころか、200g減ってましたからね…

 

正直びっくりしましたね…ここまでやって、これ?って。

 

運動しないで、タンパク質も取らずにダイエットしている女性は、

体がスカスカになってもおかしくありません。要注意です。 

北島先生もおっしゃってますが、痩せても老人の体になったら意味ないですよね。