読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケトジェニックダイエット実践体験記。イタリア在住主婦がエステを語る。

イタリアで肥満になった私が、ジムとエステと食事制限で痩せるまでの様々な取り組みを綴った実況中継ブログです。特にケトジェニックダイエットについて詳細に考察および実践しています。目標は腹筋バキバキでビキニを着ること!

MENU

ケトジェニックダイエットで痩せ始めたときに起こる体調不良の原因は?

やっとケトン体が出た!でも体調悪い…

 

昨年の9月に続いて、今年の1月中旬から始めた第二回目ケトジェニックダイエット。

今回も紆余曲折試行錯誤を経て、2月中旬、ようやくケトン体回路に入りました!

 

私もやっといまガンガンのケトン体が出てるのがわかります。

空腹感殆どなし、メラメラとお腹の脂肪が燃えていっているのがわかります。

頑固な脂肪、10年前に溜まった脂肪が、ようやく燃えてきています。

毎日お腹がシワシワになってく感じ。

 

しかし

 

体調がすぐれないー…

 

古い頑固な脂肪が燃えるとき、脂肪内に溜まっていた毒素が放出される

 

昨日はとりわけ原因もないのに、肩こりと後頭部神経痛でふらふら。

何も出来ない感じでした。

 

その原因は、あくまで私の推測ですが、

溜まった脂肪の中に取り込まれていた毒素が排出されるため

ではないかと思います。

 

ファスティングの際にもあるんですよね、好転反応が。

ファスティングは長期ではないので、長くても数日の好転反応だと思いますが、

ケトジェニックダイエットの場合は、堆積した脂肪を燃やしていくので、脂肪量と減量をどれ位したいか、にもよりますが、数ヶ月かかることも普通です。

 

今回の私のケトジェニックダイエットの目的は、10数年前に堆積した、頑固すぎるお腹の脂肪を落とすことです。

この脂肪は本当に古いんですね。

少し前にはカチコチでした。堅太りしたお腹だったんです。

それがだんだん柔らかくなってきて、

ここ数日、本格的に燃えだした感じ。

 

体内の毒素は脂肪細胞内に堆積されていきますので、

10数年前の毒素が、今、血液中に解禁放出されているようなものです。

 

なので中毒症状が出てもおかしくない。

 

ケトン体がしっかり出始めてからの体調不良は、様々な原因が考えられるとは言え、

本当に長い間かかって堆積された脂肪を分解消費する場合は、

当時の脂肪細胞内に格納された毒素が

ようやくいま放出されているためと考えられます。

 

ちなみに、ケトン体が出る前の体調不良や頭痛は以下の記事も参考にしてみてください。

italian-estetic.hatenablog.com

 

一日寝てみて治らなければ病院へ

頭痛の原因は様々ですが、一日寝てみて治らなければ病院へ行くことをお勧めします。

私は昨日の午後、肩こりから始まり、夕方には後頭部の神経痛がズキズキと起こり、

冷やしても温めても、水を飲んでも、電解質ミネラルを摂取しても治りませんでしたので、

すぐに床につきました。

今朝は、スッキリ爽快な気分でしたので、これは好転反応の一種だったのだな、と思った次第です。