ケトジェニックダイエット実践体験記。イタリア在住主婦がエステを語る。

イタリアで肥満になった私が、ジムとエステと食事制限で痩せるまでの様々な取り組みを綴った実況中継ブログです。特にケトジェニックダイエットについて詳細に考察および実践しています。目標は腹筋バキバキでビキニを着ること!

ケトジェニックダイエット中の脂質はどこから摂る?脂肪燃焼サプリは使う?

ケトジェニックダイエット中の脂質摂取

 

ケトジェニックダイエットで関心事の的となる脂質。

あぶら、というと、何となく太りやすいイメージがあって今まで避けてきた…という女性が多いのではないでしょうか。

そういう私も、昔は脂は悪いもの、という考えで、積極的に摂らないようにしてきました。

 

ケトジェニックダイエットと脂質

ケトジェニックダイエットでは脂を摂らないと成功しないと言われています。

その理由は、糖質代謝から脂質代謝に切り替わるときに、十分糖質をカットし、十分脂質を摂取しないと、筋肉が分解して新生糖が主なエネルギー源になってしまうからです。

 

新生糖になると、筋肉が減って痩せますが、糖質代謝のままなので、脂肪は燃えません。

筋肉が減って代謝が落ち、ますます脂肪は燃えにくくなり、こうなるとダイエットは成功しません。

 

ですので、タンパク質をしっかり取ると同時に、脂質はしっかり摂りましょう。

 

ケトジェニックダイエット初期に摂る脂質

ケトジェニックダイエット初期にはまだケトン体が出ていませんから、ケトン体が出るように促すためにも、体内でケトン体にすぐになる短鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸を摂りましょう。

 

短鎖脂肪酸は、リンゴ酢などです。

私はいまでも空腹を感じたりのどが渇いたら水にリンゴ酢を混ぜて飲んでいます。

空腹感とのどの乾きがすぐにおさまります。

リンゴ酢に含まれる短鎖脂肪酸はケトン体そのもので、すぐにエネルギーとなる脂肪なのです。

 

中鎖脂肪酸も、肝臓で分解されすぐにエネルギー源になります。

中鎖脂肪酸を多く含むものには、ココナッツオイルとバターがあります。また、合成の中鎖脂肪酸100%オイルも販売されているので、それの利用もいいかと思います。

 

私はケトジェニックダイエットを始める場合は、すぐにリンゴ酢、ココナッツオイル、MCTオイルを調達し、それをがんがん摂取します。

小腹がすいたらクルミとアーモンドを食べます(食べ過ぎ注意。食べすぎると痩せません)。

また、この時期にはできるだけラードなどの消化が厳しい脂質は避けています。

 

ケトジェニックダイエット中期以降の脂質は?

 

ケトーシスに十分入った後も、ダイエット初期のオイルはOKです。ただ、私はできるだけ長鎖脂肪酸も燃やせるように体を持っていっています。

 

ダイエットで燃えて欲しい自分の脂肪は長鎖脂肪酸で出来ています。

ダイエットの目的は、摂取したココナッツオイルを燃やすことではなくて、自分に堆積した脂肪を燃やすことですよね?

ですので、ケトーシスに十分入った後は、この憎き自分の脂肪を燃やすことにフォーカスします。

 

MCTとココナッツオイルはやめて、バターとオリーブオイル、クルミとアーモンドから脂質を取ります。

あとは、普通にお肉も食べます。ラードも食べます。揚げ物も食べます(ただし一日の摂取カロリーに注意。カロリーを増やすと痩せません)。

 

そして、重要なのは代謝を高める運動と筋トレ、そして、サプリの出番です。

 

長鎖脂肪酸の燃焼を助けるサプリ

短鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸はすぐに燃えますので、これで太ることはありません。

問題は長鎖脂肪酸です。

これはほとんどの脂質、オリーブオイルや植物油、ナッツ類、動物性脂肪もです。また、自分のお腹にたっぷり溜まっている脂肪も長鎖脂肪酸。

 

これを燃やすのが難しくて、私達は皆苦労しているわけです。

ケトジェニックダイエットの目的は、この長鎖脂肪酸をケトン体に変化させ、エネルギー源とすること。

それにより、自分の脂肪を常に生存と運動のエネルギー源とするために、脂肪が劇的に使われる、というところが味噌なわけです。

実際にはきちんと食事もしているため、そんなに劇的に痩せることはありません。

でも、できるだけ脂肪燃焼を促し、脂肪を燃えやすい体にするには、サプリは有効です。

 

年をとると太りやすくなる理由

長鎖脂肪酸は大きな分子でそれを分解し小さな血糖にするためには、長い長い工程が必要になります。

その長い長い工程で、色々な栄養素を使いながら、分解していきます。

年をとると、若いときにはたくさんあった、自分の体内で合成される栄養素が少なくなっていくのです。

それによって、脂肪が分解するのに必要な道具を供給できなくなり、痩せにくくなります。

 

『若い頃はいくら食べても痩せたのに、年を取ったら、少ししか食べてないのに痩せない!』という現象の理由は、ここにもひとつあるのです。

 

ですので、加齢によって減少した成分をサプリによって摂ることは重要です。

私は以下のサプリを摂取しています。

 

L-カルニチン

L-アルギニン

CLA

αリポ酸

コエンザイムQ10 

 

これらは加齢により減少する微量栄養素ですので、アラフォー以上の脂肪燃焼ダイエットには欠かせないと思います。

italianfitness.info