ケトジェニックダイエット実践体験記。イタリア在住主婦がエステを語る。

イタリアで肥満になった私が、ジムとエステと食事制限で痩せるまでの様々な取り組みを綴った実況中継ブログです。特にケトジェニックダイエットについて詳細に考察および実践しています。目標は腹筋バキバキでビキニを着ること!

目標体重とダイエット期間を設定する

 

目標体重とダイエット期間の設定

 

今年1月から開始した第二回目のケトジェニックダイエット。

終了期限を4月30日と設定しました。

 

私は同じダイエットは最大4ヶ月まで行うようにしています。

あまり長い期間続けていると、体が慣れて効果が出にくくなること、似たような食生活を長く続けることによる、特定の臓器に負担が行くことを防ぐため、です。

 

目標は、4月30日までに57キロ台。

今現在59キロ台なので、2ヶ月であと2キロ。

余裕余裕~

と思われるかもしれませんが、そうでもないんですよ。

 

私は筋トレして、しっかりプロテインを摂りながらケトジェニックダイエットをしているので、筋肉の増量と、体脂肪の減量を同時にしています。

ボディメイキング効果を得ながらダイエットできることがケトジェニックダイエットのメリットだと思っています。

 

なので、あと二キロの減量ということは、極端な例で言えば、4キロ脂肪を落として、2キロ筋肉をつける、ということなんです。

 

実際には、2ヶ月でニキロ筋肉増量することは難しいです。なので、あと二ヶ月での目標は、脂肪を2,5キロ落とし、筋肉を500gつける!

です。

 

脂肪2,5キロということは、消費カロリーにして17500キロカロリーですね。

ここからは、脂質も抑え気味にして、野菜とタンパク質中心の食生活にしてみます。

 

その後、5月から7月まで、低脂肪ダイエットに切り替える予定でいます。

8月のバカンス時までに、そこから更に4キロ減の、53キロを目指します!

 

私の年間のダイエット計画

20代で48キロから、40代で74キロまで太った私は、太りやすい遺伝子ももっているので、これからの人生、常にダイエットをしていこうと思っています。

でももちろん人生の楽しみも失いたくないので、以下のように計画しています。

 

低糖質ダイエット・ケトジェニックダイエット

毎年1月から4月の4ヶ月間。冬の時期にケトジェニックダイエットにすることは、お肉や脂肪による代謝の低下や冷えを防ぐことが出来るので、冬向きです。

 

低脂肪ダイエット・ボリュメトリックダイエット 

5月から7月の3ヶ月間。

サラダなど生野菜を沢山食べられるボリュメトリックダイエットは夏向き。

 

バカンス

8月バカンスのため、ダイエットなし。好きなものを好きなだけ食べる。

 

健康的な食生活

9月から12月。食べすぎを防ぎ、健康的な食生活をこころがけるが、特別なダイエットはしない。

この時期に、新しいダイエット情報などを仕入れて実践導入するか吟味しようと思っています。

 

こんなダイエットはやめたほうがいい

理性に基づかないダイエット

ダイエットは生体科学の実践なので、理性に基づかない極端なダイエットや、良くわからない煽るダイエットは成功しない確率が高いです。

万年同じダイエット

自分に効果の出るダイエットを見つけると、そればかりに取り組むということになりがちですが、ダイエットは変化させたほうが、体のためになります。

運動をしないダイエット

運動が嫌い!!という方も沢山いますが、やっぱり運動しないと、体は循環しにくいです。

ケトジェニックダイエットは運動しなくても痩せる!といって、それで始めるひともいますが、肥満男性にのみ証人がいて、女性でそれに成功したという例を聞きません(いたら教えてほしいです)。

男性はもともと女性より筋肉が多いので、少しの動きでもある程度のカロリーを消費するのかもしれませんが、女性で冷え性とかだと、本当に基礎代謝も低くて、運動せずに痩せることは至難の業です。