読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケトジェニックダイエット実践体験記。イタリア在住主婦がエステを語る。

イタリアで肥満になった私が、ジムとエステと食事制限で痩せるまでの様々な取り組みを綴った実況中継ブログです。特にケトジェニックダイエットについて詳細に考察および実践しています。目標は腹筋バキバキでビキニを着ること!

MENU

ケトジェニックダイエットをしてアレルギーが完治

ケトジェニックダイエットをはじめてアレルギーが完治

 

小麦アレルギーと体調不良

私は元々アレルギー体質で、アトピー性皮膚炎から花粉症、アレルギー性喘息も患っていました。

 

特に数年前は2月から5月の間、木の花粉によるアレルギー喘息がひどく、ステロイド剤を常用しないと呼吸が出来ない状態でした。

 

肥満になったのも、薬の影響も多分にあります。

水分滞留と、筋肉の減少により、むくみと太りやすさがあらわれました。

 

さらには、リーキーガット症候群にもなり、

低血糖症にもなり、慢性的な体調不良に鞭打って日常を過ごすような有様でした。

 

ちょうど一年前に完全に小麦絶ちをはじめ、体調がかなり改善。

今ではケトジェニックダイエットにせよ、ボリュメトリックスダイエットにせよ、パスタやパンなどの小麦類は極力食べないようにしています。

 

セリアック症ではないので、少し食べたからと言ってどうということはないのですが、

パスタを一人前食べると、間違いなく直後に低血糖になって寝るしかなくなり、

またその数時間後には皮膚のかゆみが現れます。

その翌日には腹部の膨満があらわれます。

 

なので、パスタは好きなのですが、本当に私には毒だな、と思う食べ物です。

 

お米は幸い食べられますので、ケトジェニックダイエット中には最大週1回白米を食べます(食べない時もあります)。

 

ボリュメトリックスダイエットの場合は、発芽玄米を少量、毎食食べます。

 

糖質は人間の体に必要不可欠ではない

 

糖質を食事から摂ることは、人間の体にとって必要不可欠ではありません。

なぜなら、糖質はタンパク質からも作られるからです。

 

糖質は中毒になるので、糖質制限の最初のうちは、禁断症状が現れます。

そして、ケトン体質になったことがないと、バランスをとるのに最初は苦労して、頭痛が生じたり、便秘になったり、こむら返りが現れたりして、やめてしまう場合が多いのです。

 

私も第一回目のケトジェニックダイエットは2ヶ月半で終了しました。

こういう極端な食生活が果たして健康によいのかどうか、自信が持てなかったからです。

また、痩せるスピードも劇的だったわけでもないので、続ける意味を失ったわけです。

 

今回は、4ヶ月きっちりやり遂げようと思い、前回挫折した2ヶ月半を過ぎました。

ちょうど二ヶ月半のときに下痢になり、やっぱりやめようと思いましたが、それを乗り越えて、新しい境地に入った感じがします。

 

すなわち、チーズとサラミばかり10日間食べて、全く快調なこと。

できればチーズと生肉が一番いいと思いますが、サラミでも体調は悪くないです(イタリアのサラミは伝統食だとしても添加物がありますので、あまり長く続けるのはやめたほうがいいとおもいます)。

 

子供の頃から苦しんだアレルギーが完治

毎年この時期苦しんでいた喘息が全然一度も出ず、皮膚のかゆみもまったくなく、腹部膨満感もゼロ。

 

子供の頃から花粉の時期、春の時期には苦しんでいたことが全く夢のようです。

鼻水も目のかゆみもなく、マスクも不使用、喘息用吸入器もコルティゾールも一切使わず、アトピーも完治。

 

ケトジェニックダイエットで、ここにアレルギー完治宣言します!

アレルギー体質の人は、是非とも一度、小麦や糖質全般を疑ってみてください。