読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケトジェニックダイエット実践体験記。イタリア在住主婦がエステを語る。

イタリアで肥満になった私が、ジムとエステと食事制限で痩せるまでの様々な取り組みを綴った実況中継ブログです。特にケトジェニックダイエットについて詳細に考察および実践しています。目標は腹筋バキバキでビキニを着ること!

目指すはぺったんこなおへそ。肥満お腹のとり方。

ケトジェニックダイエット

 

ケトジェニックダイエットの脂肪燃焼効果

 

ケトジェニックダイエットをしている人の体験談を色々読むと、誰でもすぐに3キロから5キロほど痩せますが、これは水分滞留が抜けるからで、脂肪が減ったわけではありません。

 

やっぱり欲しいのは脂肪燃焼効果ですよね。

私の場合は、お腹。

お腹の脂肪を取りたいがために、ダイエットをはじめました。

 

肥満お腹のとり方

言うは優しく行うは難し。

お腹はダイエットの最後の難関ですね。

 

お腹が太っている!という方は沢山おられると思いますが、その原因は様々。

ここでは私のお腹の原因ととり方をご紹介します。

 

私はイタリアの食生活とストレス生活から24キロ太り、その大部分がお腹につく、という状況になりました。

なので、おなかがものすごく大きくなってしまい、人に会う度に、妊娠?と尋ねられたほどです。

 

f:id:miyoshiimatani:20170320204209j:plain

これは去年の4月ですので、11ヶ月前の画像です(恥写真を忍んで公開しています)。

 

この当時で体重は69キロだったので、最大の74キロのときより5キロ痩せてます。

それでもこの状態…

 

醜いのもあるけれど、何より体がしんどかった。

 

体が重いのと、慢性的な体調不良。

これが全て小麦とグルテンによるものだったんですね…

 

このまま気づかず生活していれば今頃廃人でした。

 

ボリュメトリックスダイエットと、ケトジェニックダイエット第一回目を終えた、上の写真から7ヶ月後の昨年11月の画像はこちら。

 

f:id:miyoshiimatani:20170320204644j:plain

まだ細いとはいえないながらも、お腹を除いてはかなり痩せました。60キロ。

9キロ減少です。お腹も、異常に出ている状態は脱した感じ。

 

会う人からは、もっと痩せたように見える、と言われましたが、滞留水分も落ちたせいと、筋トレの効果で引き締まったからだと思います。

 

今回のケトジェニックダイエットはこの状態から2ヶ月の休息期間を経て、

今年2017年1月から開始。4ヶ月の計画で、57キロを目指しています。

 

体重的には3キロと少なめですが、ケトジェニックダイエットとジムの併用で、体脂肪率を下げ、筋肉率を上げる計画です。

目指すは、ぺったんこなお腹。

 

こんな感じ!

f:id:miyoshiimatani:20170119053905j:plain

 

お腹の脂肪が無くなると、おへそは凹むというより、穴のようになります。

お腹太りに悩まされた私は、こんなぺったんこなお腹になりたくてなりたくて…

それを励みに、ダイエットとトレーニングに励んでいます。

 

もちろん、その過程で健康状態の改善にも素晴らしいものがありました!

沢山アレルギー症状はすっかりおさまり、

疲れやすさもとれ、

体力がアップ。

熟睡ができ、集中力も増しました。

 

さて、お腹の落とし方ですが…

1)ヒポクシで代謝を高める

2)腹筋運動をする

3)ケトジェニックダイエットをする

4)脂肪燃焼サプリを摂る

5)セルライト用オイルでマッサージする

6)食物アレルギーがあるか疑う。特にグルテンや小麦アレルギー

 

です。

 

ヒポクシで代謝を高める

ヒポクシについてはこちら


腹筋運動をする

腹筋運動については、その必要性は疑うことができないのではないでしょうか。


上のブログで書いた痩せホルモン以外にも、腹筋がついていないと、内蔵を守るために、脳がお腹の脂肪を落とす許可を出してくれません。

 

ケトジェニックダイエットをする

ケトジェニックダイエットは、水分滞留を取るため、体中の水太りを解消してくれます。

また、有酸素運動をしないでも、脂肪の燃焼がここまで進むダイエットは、ケトジェニックしかないと思います。

もちろん、ケトジェニックをせずに、低カロリーダイエットをしながら、有酸素運動を沢山(毎日45分以上)すると、痩せるために効果的です。

 

脂肪燃焼サプリを摂る

脂肪燃焼サプリは、年をとるとどうしても脂肪分解酵素や微量栄養素が足りなくなってくるため、必要だと思います。

またケトジェニックダイエットは栄養が偏りやすいので、サプリは健康のために摂ったほうがいいです。

 

マッサージする

脂肪があまりにもがっつりついて固太りしているときは、マッサージも有効です。

皮膚が熱く赤くなって、奥からポカポカする感じになるまでかなりやらないと、効きません。

私は脂肪が分厚くていつも冷たかったときには、毎朝15分ほど、かなり力を込めてやってました。

あまりにも脂肪が厚いと、脂肪に通っている血管も細いので、運動による脂肪減少効果はお腹には及びにくいのです。

胸ばかり痩せてお腹は全然痩せない…なんてことにも、昔はなっていました。

 

そんなときには、力を込めたマッサージで外部からの刺激を加えることも役に立つと思います。

 

食物アレルギーがあるか疑う

お腹ばかりでている、という人は、グルテンによる膨満を疑ったほうがいいかもしれません。

お腹が出ているばかりでなく、慢性的な体調不良、疲れやすい、怠い、不妊、頭がぼーっとする、そんなに食べてないのに痩せずに太るばかり、などは、典型的なグルテン不耐性の症状です。

原因となる食物を完全に取り除かないと、本当に、何をやっても痩せませんよ。

私も2年半、それがわからずダイエットして、全然痩せませんでした。

きちんとダイエット栄養士の指導をうけてたんですが、それでも痩せませんでした。

食物アレルギーは侮れませんので、ぜひ疑って見てください。