ケトジェニックダイエット実践体験記。イタリア在住主婦がエステを語る。

イタリアで肥満になった私が、ジムとエステと食事制限で痩せるまでの様々な取り組みを綴った実況中継ブログです。特にケトジェニックダイエットについて詳細に考察および実践しています。目標は腹筋バキバキでビキニを着ること!

お腹のたるみの原因は腹筋が霜降りになってるかも?

お腹のたるみの原因は霜降り肉?

 

とは言っても、霜降り肉の食べ過ぎが太る、と言っているわけではありません。

そうではなくて、太ったお腹は、もしかすると霜降りになっているかも、ということです。

 

私は自分のお腹を切って調べていませんが、おそらく私のお腹は、特に腹筋は、霜降り状態になっていると思います。

 

いまでこそ幾らか改善されたとは思いますが、最初は腹筋運動をしようにも、一体どこに力を入れたらいいのかわからないくらい、腹筋を使うことができなくなっていました。

 

原因は、座り過ぎにより、腹筋を使わなかったこと。

アレルギー性喘息の薬の副作用で筋肉が落ちたこと。

 

これにより、腹筋が霜降りになってしまったのだと思います。

 

それは冗談ではなくて本当にありえることだというのです。

 

北島先生は、今日のメルマガでそのことに触れており、

以下に引用させていただくと、

 

『体脂肪というと、ほとんどの人が
皮下脂肪と呼ばれる筋肉と
皮膚の間にある脂肪を
思い浮かべると思います。


しかし体脂肪はこの皮膚と
筋肉の間にあるだけでなく
筋肉の中にも存在する場合があります。


わかり易く例をあげると

皮下脂肪がサーロイン
ステーキなどの端についている脂身

筋肉内にある脂肪は霜降り肉の
白く脂肪が混ざったいわゆる
サシと呼ばれている部分です。


このサシ状態が入った筋肉内に
ある脂肪は、厄介なことに
筋肉の硬さを失わせ柔かくし

お尻などを弛ませてしまう
原因になります。


霜降り肉は赤身肉よりも
柔らかいのと同じような原理です。


そしてこの筋肉内の脂肪が
発達してしまう原因は
筋肉を使わないためです。


筋肉を激しく使うと、回復させ
修復する為に筋肉内に新しく
筋肉の芽が出来ます。


しかしこの筋芽細胞と呼ばれる
筋肉の芽が出てこないと、
脂肪が代わりに発達してしまう
という原理により
霜降り肉になってしまうのです。


正しく激しく筋肉を使うワークアウトが
太腿やお尻を弛ませる霜降り肉の状態を
引き締まった赤身肉にしてくれるのです。』

 

ということなんですね。

私のお腹がこんなになった原因は、腹筋が霜降りになったから。

一日中座り続ける生活をして、何も運動をしなかったから。

 

これは本当にありえることだと思います。

 

だからどうするかというと、ダイエットをして、腹筋を鍛える以外にないのですが。

 

もしあなたも、どうしてもお腹が痩せない、という場合、霜降りになっている可能性があると自覚して、腹筋運動とダイエットで、霜降り状の腹筋をすこしずつ、赤身の腹筋に変えるよう努力してみてください。

時間はかかろうとも、あきらめずにすれば、必ず霜降り状態から抜け出せるはずです。


italianfitness.info