ケトジェニックダイエット実践体験記。イタリア在住主婦がエステを語る。

イタリアで肥満になった私が、ジムとエステと食事制限で痩せるまでの様々な取り組みを綴った実況中継ブログです。特にケトジェニックダイエットについて詳細に考察および実践しています。目標は腹筋バキバキでビキニを着ること!

リーンゲインズ4日目

リーンゲインズ4日目。まずは昨日の反省

 

筋トレの時間帯は夕方か、夕食後か?

昨日は筋トレのゴールデンタイムである16時から18時に予定が入っていたため、夕食後の8時半から9時半に筋トレを行いました。

筋トレ後はBCAAを5g摂取。夕食後2時間だったので必要なかったかもしれません。ただ、寝る前に空腹で寝付きが悪くなる心配を消したかったのと、BCAAはカロリーがあってもファスティング中に摂取可なので、摂ってみました。

 

寝付きはよかったです。筋トレ後のアドレナリン感も寝る頃には消えて、かつ空腹感なし。夕食後筋トレ、オススメかもしれません。

何と言っても、夕食後だと日中の時間を割かずにすみます。お勤めしている人は16時から筋トレなど出来ないですし、私は主婦なので時間的融通はききますが、結構この午後の時間は中途半端で予定があることがしばしば。

なので、筋トレ時間は夕食前の16時からが第一候補、無理なら夕食後の20時半からでもいいでしょう。

 

ジョギングの時間帯は夕食後か、早朝か?

さて、今朝は5時半に目がさめてしまいました。これから紅茶を飲んで、さて、まだあと6時間、12時まで絶食です。BCAA飲んでジョギングに出かけようか、考えているところ。

午前のファスティング時間はできるだけ活動的に過ごすべきというのが、ルールですので、短いジョギングをして代謝をあげるのはいいことですね。

 

早朝ジョギング行ってきます↓

f:id:miyoshiimatani:20170614140416j:plain

 

心配なのは、早朝から頑張りすぎて日中疲れが出ないかというところ。

44歳、一年前までBMI27超で喘息持ちでしたので、今でこそオムロンの体組成計で体年齢41歳と出るようになりましたが、まだ20代のバリバリの若者のようには行きませんしね^^; 疲れや活力の具合などがどう出るか?また書くつもりです♪

 

フィットネスの最終地点、82歳の女性ボディビルダー、エルネスティン・シェファード

ところで、若さと活力という話に関連して、エルネスティン・シェファードというアメリカのボディビルダーをご存知でしょうか。

彼女は世界最高齢の女性ビルダーで、1936年生まれ。現在82歳で、56歳からトレーニングを開始したんですね。

f:id:miyoshiimatani:20170614142312p:plain

私はすごく彼女に感銘を受けていて、彼女を見てると、本当に不可能はないんだなぁ!ととっても勇気をもらえるんですね。

下のビデオは彼女の生活を記したもの(英語)。教えているフィットネスクラブでも、彼女の存在自体が、多くの参加者を勇気づけていて、素晴らしいです。

 

彼女の一日の摂取カロリーは1700キロカロリー。卵白、鶏肉、野菜中心の食生活、午前3時起きで、週に80キロジョギングするとのこと。

www.youtube.com

 

私たちは肉体を持ってこの地上に存在するわけなので、肉体を追求することは本当に大事。肉体を極めることは精神を極めることにもすごく繋がってくるんですね。

過食をせず、健康的な食生活をすることも、地球上の資源と命を大切にすることに繋がってきます。

肉体づくり、ボディメイクは、自分自身と環境への愛の現れなんだなあ、と思うんですねー。