ケトジェニックダイエット実践体験記。イタリア在住主婦がエステを語る。

イタリアで肥満になった私が、ジムとエステと食事制限で痩せるまでの様々な取り組みを綴った実況中継ブログです。特にケトジェニックダイエットについて詳細に考察および実践しています。目標は腹筋バキバキでビキニを着ること!

リーンゲインズ7日目

感触がつかめ、落ち着いてきた7日目

 

間欠的断食をはじめて7日目、だいたいペースが掴めてきました。

 

以下、ほぼ確定プログラムです。

 

リーンゲインズ 10h/14hプロトコル パーソナル版

起床8時 水、お茶

10時 朝食

14時 昼食

19時 夕食

21時 ウォーキング

0時  就寝

 

週3回筋トレ

ウォーキング毎日

 

ウオーキングの強度はその日の体調によって変えようと思っています。例えば昨日は足が筋肉痛だったため、かなりゆっくりなウォーキングにしました。それでも50分くらいは歩きました。無理せず、快適に、がモットーです。

幸いイタリアには梅雨がないので、雨も殆ど降らず、早朝と日の入り後は22度くらいの快適な気温です。ウォーキングしない手はありません。

ウォーキングはカロリー消費から自律神経の調整まで、様々な健康効果がありますので、全くもってあなどれないですね。

私は寝付きが悪く、早朝4時頃目が冷めて眠れないことが多かったのですが、ウォーキングをするようになってから、すぐに寝付けて朝7時8時まで快眠です。

睡眠の質が上がると、元気になって日常の活動量が上がるので、代謝もあがりますね。

 

あとは、お通じはよくなりました。食物繊維摂取量ももちろんお通じには関係していますが(糖質制限は食物繊維不足になりやすいですから)、ホルモン・バランスによる腸の旋動時間や活発性も関連していると思います。

間欠的断食では、腸内の善玉菌を増やす働きがあるということで、これも関連しているでしょう。ひっきりなしに食べ続ける食生活は、腸の活動性が落ちるのではないかという印象はあります。特にプロテインシェイクばかりを一日6回摂るような食生活は、腸が動かなくなって当然ではないでしょうか。

 

腸が動かないと、男性に比べもともと筋肉量が低く代謝が低い女性は、本当に代謝が詰まってしまいます。筋肉によるエネルギー放出もなければ、お通じによる循環もなくなり、痩せないどころの話ではなくなります。

 

食事サイクル

今私がしているのは、糖質制限と脂質制限を交互に入れるパターンです。タンパク質と野菜は毎日多め。それに、筋トレ日は炭水化物多めで、筋トレ無し日は脂質多めです。

 

腸にとって一番いいのは、炭水化物と脂質だと思いますが、これは両方一緒に取ると体脂肪になりやすいので、気をつけています。今はスーパー糖質制限でも、スーパー脂質制限でもなく、緩やかなもの、あくまで一日置きに『多め』だったり『少なめ』だったりです。

 

あとは、サプリを摂る時間帯を変更します。

これまでカルニチンやコエンザイムQ10等の脂肪燃焼計サプリは、夕方のウォーキングによる脂肪燃焼を狙って朝摂ってたのですが(カルニチンの効果が最大になるのが14時間後のため)、これをビタミン・ミネラルの摂取も含め全て夜に持ってきます。

これは朝の起床後の断食時間が長く感じるので、この断食時間帯に脂肪燃焼をしやすくするためです。

 

空腹感による過食

 

今まで起床後すぐに高プロテインの朝食を摂っていたため、現在は、断食後から10時の朝食までに空腹感を結構感じるます。それにより一日の摂取カロリーは多くなりがちです。断食前より自然と毎日200キロカロリー程度多めになってしまいます。

それでも、代謝の向上とお通じがよくなったことにより、太るどころか、痩せては来ています。

しかし所定カロリーは200キロカロリー下の、オフ日1000キロカロリー、オン日1300キロカロリーですので、これを所定のカロリー数へおさえることが来週二週目の課題です。

昨日はオフなのに、1500キロカロリーも摂取してしまいました。抑えられない空腹感は、起きないようになんとか工夫するしか無いです。